Skip to content
トップページへ戻る

Markdown による利便性 UP とクラウドによる
管理コストの削減で業務効率改善!
株式会社モルフォ様

はじめに

今回は、画像処理など画像系 AI の研究開発におけるプロフェッショナル企業である『株式会社モルフォ様』にインタビューを実施しました。
GROWI.cloud を導入するまでの背景や、開発者の割合が多い組織体系の中で、どのように GROWI.cloud を活用し、事業に活かしているかなどを中心にお伺いした内容をご紹介いたします。

目次

  1. 元々 wiki サービスを導入するまでに至った経緯を教えていただけますか?
  2. GROWI(オンプレミス版)を導入するまでの背景を教えてください
  3. 社内での Markdown に対する浸透具合や抵抗はいかがですか?
  4. GROWI から GROWI.cloud へ移行した背景を教えていただけますか?
  5. GROWI.cloud を導入したことによる変化はありますか?
  6. GROWI.cloud の浸透具合を高めるための対策などはしましたか?

インタビュー

元々 wiki サービスを導入するまでに至った経緯を教えていただけますか?

インタビュー風景1
  • 平井様
    元々オンプレミス版の GROWI を導入する前は、別の OSS の wiki サービスを導入してました。
    おそらく、そのサービスを導入した当時は、会社を立ち上げて間もないときで、技術者の領域の垣根なども特になく、各々がやらなければいけないことを各々で進めていくという体制だったのではないかと想像します。そういった状況だったため、情報共有の必要性を感じ wiki サービスを導入したのだろうと。

GROWI(オンプレミス版)を導入するまでの背景を教えてください

  • 川邉様
    別の wiki サービスを導入していた時は、重要な情報はまとまっていたものの、特に更新頻度は高くなく死に体のような状態になってしまっていました。
    なので、当時は分からないことがあれば人に聞けばわかるという状態でしたが、情報が蓄積されているという感覚はなく、それを課題に感じ wiki を有効に活用したいと感じていました。
    実は前職で crowi を使っていたので、その流れで GROWI のことを知り、Markdown や数式入力や GUI の点で優れているなと感じて、オンプレミス版の GROWI を導入しました。

  • 平井様
    導入当時は Markdown じゃないと書きたくないというメンバーもいたくらい、社内全体で Markdown に対して利便性を感じていたと思います。

社内での Markdown に対する浸透具合や抵抗はいかがですか?

インタビュー風景2
  • 川邉様
    導入当初は開発職のメンバー限定で利用していたため、Markdown への抵抗や敷居はほとんどありませんでした。開発職限定といっても、弊社の場合ほとんどが技術開発職のメンバーになるので、利用規模としてはある程度のボリュームがある中で、当初からうまく浸透していたと思います。

GROWI から GROWI.cloud へ移行した背景を教えていただけますか?

  • 川邉様
    移行前は社内のネットワークに配置してあったので VPN での接続が必要だったんですが、その VPN の管理コストが面倒に感じたのと、今後社内で利用規模を拡大していく際にアカウントの管理も必要になるのが手間に感じたため、クラウド版への移行を検討しました。
    なので、開発職のメンバーだけでなく、全社員で GROWI を利用するために GROWI.cloud に乗り換えたという状況です。
    あとは、メンテナンスの手間も考えると、GROWI.cloud の方が楽な点も大きいですね。

GROWI.cloud を導入したことによる変化はありますか?

  • 平井様
    先ほど申した通り、元々は死に体になってしまっていた状態だったのですが、今回改めて「新しい wiki サービスが導入された」くらいのインパクトが社内であり、情報を蓄積していく先が明確になったことで、今後 GROWI.cloud をどう活用してくのかというフェーズに繋がったかなという感じです。

GROWI.cloud の主な利用シーンを教えてください

インタビュー風景3
  • 川邉様
    これまでは開発職のみで利用していたため、開発の情報が主になるのですが、各案件ごとにディレクトリで階層が分けられていて、案件の技術的内容がまとまっているような感じです。 あとは、社内で利用しているツールの使い方や社内社外の勉強会の情報、開発した自社製品の情報もまとめています。 今後は社内全体で利用していく想定なので、営業職の方の案件情報や分析資料なども GROWI 上で管理していければいいなと思っています

インタビューは以上です。ありがとうございました。

トップページへ戻る