Skip to content

GROWI.cloud の導入で業務効率の改善と
情報セキュリティの向上を達成!

株式会社Saleshub様

企業情報

業種 : ITサービス
ご利用プラン : ビジネススタンダード

今回は、顧客紹介サービス「Saleshub」( https://saleshub.jp/ )を運営している『株式会社Saleshub 様』にインタビューを実施しました。
GROWI.cloud を導入するまでの背景や、社内でどのように GROWI.cloud を運用しているか等を中心にお伺いした内容をご紹介いたします。

課題
  • OSS の wiki ツール( Crowi )を導入していたが運用コストが高かった
  • そのためバージョンアップやメンテナンスも十分にできていなかった
決め手
  • クラウド環境で運用コストを低く抑えられる点
  • Crowi と比較して機能的にも大きな違いがない点
効果
  • 運用コストがなくなり各リソースが本業に専念できるようになった
  • 利便性を向上させながら情報セキュリティも向上させることができた

wiki ツールを導入するまでの背景を教えていただけますか?

インタビュー風景1
  • 久内様
    弊社は、元々 OSS の別の wiki ツールである 『 Crowi 』 を導入していました。
    そもそも Crowi を導入していた背景としては、社内文化として「テキストで情報やログを残す」という文化があり、その一環として社内ナレッジを溜めていくことを目的に導入した次第です。

ですが、Crowi は OSS ということもあり、運用コストの高さを課題感として感じていました。
バージョンアップの対応も全然できていない状況で、バージョンアップの対応が必要になった際には特に、運用コストの大きさを実感しました。

今後もこの運用コストを支払っていく必要がある点と、社内のリソースを適切に活用できていない点を鑑み、運用コストの低い別の wiki ツールへの移行を検討し始めました。

GROWI.cloud への移行を決めた背景を教えていただけますか?

  • 久内様
    管理コストを削減できるクラウドの wiki ツールを検討していたのですが、GROWI.cloud 以外の他社のツールは検討しませんでした。

というのも、元々導入していた Crowi が社内で定着していた背景もあり、使い勝手がそこまで大きく変わらない点と GROWI.cloud へのデータの移行のしやすさという点で決めた形となります。

GROWI.cloud を導入してからの業務上の変化を教えてください

  • 久内様
    まず、管理コストがなくなった点での恩恵が大きいです。
    特に、自動で最新の安定版にバージョンアップされるという点が楽ですね。
    実際に作業をしてもらっていた開発チームからも、本業に専念できるようになったという声をいただいています。

利用者の観点でも、アクセスした際のページ表示が遅かったり、記事の読み込みに何度もリロードをしなくてはいけない、といったことが GROWI.cloud では発生しなくなったので、安定的に使いやすくなったと感じています。
機能面でも、カスタムサイドバーによって各ページにアクセスしやすくなった点や、lsx 機能によって簡単に配下のページを一覧表示できる点はありがたいと感じています。開発のメンバーからは Keymap が非常にありがたいという声もあがっています。

その他には、セキュリティ面でも GROWI.cloud の導入によって向上したと感じています。
SSO によってアカウントを管理できるようになった点や、共有リンクによって社外の方への情報共有も期限付きで管理できるようになった点はとてもありがたいです。
監査ログがあることでインシデント発生時の対応がしやすくなった点も安心できる要素の一つです。

GROWI.cloud を社内でどのように運用していますか?

インタビュー風景2
  • 久内様
    GROWI.cloud の権限管理を活用することで、社員にのみ公開する情報やアルバイト雇用の方も含めて公開する情報など、公開範囲を区別して情報を管理しています。
    Crowi では権限管理ができなかったので、GROWI.cloud に移行してから全社で利用できるようになりました。

全社で利用しているので、約 45 名で利用している状態です。
そのため、利用している人の職種としても、営業職やエンジニアなど特に限定せずに利用しています。

活用シーンとしては、運用マニュアルや議事録の作成で使うことも多いですし、社内で施策を実施した際の振り返りとして記録を残していくことも多いです。
プロダクト開発を進めているチームではリリース管理といった用途でも活用しています。

社内での GROWI.cloud の定着具合を教えてください

インタビュー風景3
  • 久内様
    社内全体で強制的に使ってもらっているので、社内での定着度はかなり高いと思います。
    社内の大切にしたいこととしても「テキストで情報やログを残す」を掲げているため、メンバーとしても GROWI.cloud に情報を残すことを意識的に進めてくれていると思います。

Markdown での情報共有についても、Crowi 導入時から Markdown を利用していたことから、抵抗感なく活用できていると思います。
新しく入ったメンバーに対しても、ツールを活用してもらうために Markdown を覚えてもらう流れになっていますし、リッチテキストエディタがあるので Markdown に慣れていなくても、初めからある程度は活用してくれていると思います。

インタビューは以上です。ありがとうございました。

まずは1ヶ月の
無料トライアル!

free-trial
  • Markdown記法で分かりやすい文章の作成
  • 図表作成からプレゼンまで一括対応
  • ファイル・テキストの全文検索
  • 月額固定制の安定した料金体系
無料トライアル