おすすめの社内wiki GROWI.cloudで情報を管理!

社内wikiとは

社内wikiは、社内の情報やナレッジを蓄積し、共有するためのツールです。

継続的に活用して社内wikiに豊富な量の情報とナレッジを蓄積させることで、それらの情報を参考に業務上の課題を解決したり新たなアイデアを生み出したり等に活用することができます。

そんな社内wikiを活用するメリットと、おすすめの社内wiki GROWI.cloudについて解説します。

社内wikiを活用するメリット

ここからは、以下3つの社内wiki活用におけるメリットについて解説します。

  1. 情報やナレッジを1つのツールで管理できる
  2. 欲しい情報を誰かに尋ねる手間を省くことができる
  3. 会議の進行がスムーズになる

情報やナレッジを1つのツールで管理できる

社内には議事録や報告書、業務の進捗状況など多様な情報を管理し、組織の一員として把握しておかなければなりません。

それらの多様な情報を社内wikiという1つのツールで管理しておくことで、全員が簡単に情報にアクセスすることができ組織内の認識を揃えやすくなります。

情報やナレッジの保存方法や形式にも迷うことなく残すことができるので、誰でも簡単に利用することができます。

欲しい情報を誰かに尋ねる手間を省くことができる

情報やナレッジを1つのツールで管理しているので、欲しい情報を欲しいときに検索にかけて入手することができます。

業務を進めていく上で、「同じ質問を別々の人から聞かれる」や「この情報あの人しか知ってなくて聞かないと進められない」という状況は良く起きてしまうものです。

社内wikiを活用していれば、情報を探す側は「まず社内wikiで調べてみよう」となり、回答する側は「社内wikiにあるよ」と一言で済ますことができるので、情報の受け渡しにかかる手間を省くことができます。

会議の進行がスムーズになる

後ほど紹介する社内wiki GROWI.cloudには同時多人数編集機能という機能があります。

この機能を活用すれば、同じタイミングで同じページを編集することができ、特に議事録取りには最適です。

議事録を取るのが遅れてしまい会議がスムーズに進行できないことや議事録の内容見返しても誤字や誤った情報が書いてあるケースを解消してくれます。

社内wiki GROWI.cloudの特徴

ここからは、社内wiki GROWI.cloudの特徴について紹介します。
主な特徴は以下の3つです。

  1. 議事録や社内マニュアルなどの編集や管理にピッタリな編集機能搭載
  2. チーム規模の変化に対応できる管理者向け機能搭載
  3. 充実した機能・サポートでエンタープライズにも対応

議事録や社内マニュアルなどの編集や管理にピッタリな編集機能搭載

GROWI.cloudには議事録やマニュアルなどのドキュメント類の編集や管理ににピッタリな機能が搭載されています。

  • 同時多人数編集機能
    • 同時に複数人で同ページを編集することができる機能です。議事録取りには最適な機能です。
  • markdownでの編集や図表やテーブルの表記なども自由に編集できます
  • ファイルやテキストなどの全文検索で簡単に素早く欲しい情報を手に入れることができます

チーム規模の変化に対応できる管理者向け機能搭載

GROWI.cloudはチーム規模の変化に柔軟に対応できるように設計されています。

  • 特定ユーザーに管理者権限の付与、ユーザーグループごとのページの閲覧権限が可能
  • 月額固定制なので人員の流動が大きい組織でもコスト管理に負担をかけることはありません
  • LDAP/OAuth/SAMLなどを利用して、効率的なユーザー管理を行う事が可能

充実した機能・サポートでエンタープライズにも対応

GROWI.cloudではエンタープライズプランも提供しています。

自社ようにカスタマイズしたGROWI.cloudをご利用されたい方向けのおすすめプランとなっております。

  • プライベートクラウドを利用する事によりオンプレ対応可
  • IPアドレスフィルタリングやシングルサインオン対応可
  • 多彩なバックアップ制度

まとめ

情報を一か所に蓄積し、共有しやすくするためのツール社内wikiのメリットを解説してきました。

様々なメリットがある社内wiki、そしておすすめの社内wiki GROWI.cloudの導入を検討してみてはいかがでしょうか?