【ナレッジマネジメント】テレワーク時代における重要性

今注目の経営管理手法の一つであるナレッジマネジメント。

注目されている背景の一つに、昨今のコロナ禍におけるテレワークの増加が挙げられます。
なぜ、このようなことになっているのでしょうか。

本記事ではその重要性から実際に運用していく上でのポイントまで、幅広く解説していきたいと思います。

ナレッジマネジメントについて

まずは、ナレッジマネジメントの基本について把握しておく必要があります。

ナレッジマネジメントとは、個人やグループが所持している知識やノウハウなどを企業と共有し、活用していく経営管理手法のことです。

業務をこなすうえで、ノウハウや経験に伴う知見など、知的財産がどんどん蓄積されていきます。しかし、それが社内全体に共有されず、活用することができていないというケースは多く存在します。

そこで、そのような情報を社内に蓄積し全体で共有することで、創造的な企業活動につなげていく、ということがナレッジマネジメントの目的になります。

テレワーク時代におけるナレッジマネジメントの重要性

ナレッジマネジメントが近年日本で注目されている理由はいくつか存在します。

その中でも、昨今のコロナ禍におけるテレワークの促進によって、ナレッジマネジメントの重要性はますます高まってきたと言えます。

これは、テレワークのオンライン上でのテキストコミュニケーションが基本という性質が大きな要因です。

オンライン上でのテキストコミュニケーションが基本だと、社員同士のコミュニケーションが低調になってしまいます。すると、従来だったら行われていた業務に関する情報共有も行われずらくなってしまいます。

また、業務に関する不明点が発生した場合、テキストコミュニケーションだとどうしてもレスポンスに時間差が発生してしまい、解決に従来よりも時間を要してしまいます。

テレワークを行う上で、このようなデメリットは避けられない事実です。

そこで、これらを解消するための方法として、ナレッジマネジメント注目されています。

ナレッジマネジメントは、個人が持つ知識を全体で共有し蓄積していくことなるので、上記のような問題点を解消することができるのです。

ナレッジマネジメントを行う上での最重要ポイント

ナレッジマネジメントを行う上で、気を付けなければならない点があります。

それは、社員が蓄積されたナレッジにアクセスしやすい環境を整えることです。

ただ闇雲にナレッジを蓄積しても、社員がそれに気軽にアクセスすることができなければ意味がありません。

そのためには、

  • 社員同士がコミュニケーションをとりやすい環境の構築
  • ナレッジマネジメントツールを導入する

という二つの方法があります。

社員同士がコミュニケーションをとりやすい環境の構築

社員同士がコミュニケーションをとりやすい環境を構築することで、ナレッジにアクセスしやすい環境を整えることができます。

ノウハウなどの特定の個人が知りえる知識は基本的に会話によって伝達されるため、コミュニケーションの数を増やすことができれば必然的にその機会も増加するからです。

そのためにはオープンなミーティングスペースの設置やリフレッシュスペースの設置など、コミュニケーションの生まれやすいオフィスを意識すると良いかもしれません。

ナレッジマネジメントツールを導入する

ナレッジが蓄積されていくと、その数は膨大になり、全体を把握するのは難しくなってきてしまいます。

また、テレワーク環境は先述した通り、コミュニケーションの取りやすい環境を構築するのは困難です。

そこで、ナレッジマネジメントツールの導入が解決方法として挙げられます。

ナレッジマネジメントツール GROWI.cloud

ナレッジマネジメントツールの一つに社内wikiというツールがあります。
社内wikiとは誰でも編集するすることができる社内版Wikipediaのことです。

当社ではそんな社内wikiとして、GROWI.cloudというサービスを展開しております。

GROWI.cloudは、多人数でのリアルタイム編集が可能な社内wikiです。

テキストやファイル情報の共有だけでなく、 図表の作成もグラフィカルに可能となっており、1つのツールでシステム設計書や業務フローなどの作成・共有も行うことができます。

その為、ナレッジマネジメントを実現するうえで非常に強力なツールです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本記事ではテレワーク時代におけるナレッジマネジメントの重要性から、実際に運用していく上でのポイントまで幅広く解説してきました。

昨今の情勢が影響し、テレワークを導入する企業が増えてきましたが、たとえこの情勢が落ち着いたとしても、テレワークがスタンダードな世の中が容易に予想できます。

だからこそ、ナレッジマネジメントの重要性について認識しておく必要があるのです。