エンジニアにおすすめのツール!社内wikiの紹介

社内wikiとは

社内wikiとは、情報や知識を蓄積し、特定の閲覧権限のもと蓄積された情報を閲覧できる状態にすることで、業務の効率を向上してくれるツールです。

特にエンジニアの方でこれまで以下ような状況に陥った経験はありませんか?

  • 「アーキテクチャ設計やクラス図ってどこに保管されてるのか分からなくて探すのめんどうだ」
  • 「チャットツールやメールでの情報共有だと流れやすく過去の情報を見返しづらい」
  • 「これ○○さんに聞かないと仕事進められない」

社内wikiの導入を成功させることで、これらの悩みを解決することに繋がり、業務の効率化を図ることができます。

この記事では、どんな社内wikiを活用するメリットをご紹介いたします。

社内wikiを活用するメリット

社内wikiを活用することで様々なメリットを享受することができます。
そんな社内wikiを活用するメリット4選をご紹介いたします。

  1. 保管場所の統一化
  2. 情報の検索が楽になる
  3. 情報の属人化を防ぐ
  4. ページごとの権限付与が容易にできる

保管場所の統一化

マニュアルや議事録などのドキュメント類の管理を社内wikiは得意としています。特に保管場所においては、社内wikiの中に用意することでプロジェクトにかかわる全員が「社内wikiを見ればいい」という認識にすることができ、情報を探す手間が省けます。

また、バージョンの異なるドキュメント類が存在し、どれが正しい状態なのか分かりにくくなるというシチュエーションも情報共有が上手くできていない事例としてよく耳にします。

社内wikiの活用で正しい情報の共有をしましょう。

情報の検索が楽になる

社内wikiを導入することで、情報の検索を楽にしてくれます。

情報の保管場所を統一化してあるので、マニュアルや議事録、システム設計書などがどこにあるかと尋ねられたとしても、wikiにあると答えることができます。

特に会議では以前決まったことの確認をwikiで行えば、社内wikiでは検索が容易にできるので、会議のスムーズな進行にもつながるでしょう。

情報の属人化を防ぐ

情報の属人化とは、特定の人のみが業務に必要な情報や知識を把握してしまっている状態を指します。

社内wikiを活用することで、プロジェクトメンバー間で共通認識の場所に情報や知識をアウトプットする文化を築きやすくなり、各メンバーに依存していた情報を共有しあい、情報の属人化を防ぐことに役立ちます。

ページごとの権限付与が容易にできる

社内wikiにはページごとに閲覧権限や編集権限を社員に付与することができるツールがあります。

権限付与の関係上、別個にアプリやツールを用意してドキュメント類の閲覧・編集の制限をかけているものはありませんか?

社内wikiの権限付与の機能を使えば、1つのツールの中でページごとに権限付与ができるので情報が散らかることなく制限を設けることができます。

社内wikiをエンジニアにおすすめする理由

これまで、社内wikiを活用することで享受できるメリットを紹介してまいりました。

ここからは、エンジニアに社内wikiをおすすめする理由をご紹介いたします。

  1. クラス図やアーキテクチャ設計書などの管理・検索を容易にしてくれる
  2. Markdownでページ作成・編集ができる社内wikiツールがある
  3. プロジェクト間の情報共有をスムーズに行うことができるようになる

クラス図やアーキテクチャ設計書などの管理・検索を容易にしてくれる

社内wikiのメリットである、保管場所の統一化がプロジェクト内で業務を遂行していく上で必要になったドキュメント類の管理を容易にしてくれます。

業務の効率化は図りたい、業務に集中して取り組む時間を確保したい、という状況で「あのドキュメントどこに置いたっけ」となった際にも、社内wikiを導入しておくことで「社内wikiで探そ!」となり欲しい情報を検索する時間を短縮してくれます。

Markdownでページ作成・編集ができる社内wikiツールがある

社内wikiツールの中には、Markdown でページ作成・編集ができるツールがあります。

Markdownで書けるツールはエンジニアの方が多いプロジェクトには浸透しやすいでしょう。

プロジェクト間の情報共有をスムーズに行うことができるようになる

エンジニアの方はプロジェクト毎に特定のグループに属して業務を進めることが多いかと思います。
そして、グループとして業務をする以上、情報の共有がスムーズにできることは必要不可欠な要件でしょう。

社内wikiの活用で情報の共有がスムーズにできることで、無駄なコミュニケーションを省くことができ業務に集中できる時間の確保に繋がります。

結果として業務の効率化につながるでしょう。

まとめ

エンジニアの方に社内wikiをおすすめする理由を紹介しまいりました。
理由としては、以下の通りでした。

  1. クラス図やアーキテクチャ設計書などの管理・検索を容易にしてくれる
  2. Markdownでページ作成・編集ができる社内wikiツールがある
  3. プロジェクト間の情報共有をスムーズに行うことができるようになる

また、おすすめの社内wikiツール GROWI.cloudではMarkdownでページの編集が可能です。

是非チェックしてみてください。