社内wikiツールGROWI.cloudのおすすめ点を解説

2021-05-25

本記事では社内wikiツールGROWI.cloudについて機能面を中心におすすめの点をご紹介させて頂きたいと思います。

1.価格プラン

GROWI.cloudの料金プランは「ベーシック」「ビジネススタンダード」「ビジネスプロ」「エンタープライズ」の4つの料金体系に区分されます。以下ではそれぞれのプランの特徴について簡単にご説明させて頂きます。

ベーシックビジネス スタンダードビジネス プロエンタープライズ
月額料金¥5,500¥15,000¥42,000お問い合わせください
1appあたりの上限ユーザー数2575無制限無制限
標準app上限数23
(5000円/APPで 2 個まで追加可能)
6
(オプションでapp追加可能※追加上限無し)
お問い合わせください

サイト内ジャンプ:価格・アプリの概念説明ページへ移動する

GROWI.cloudのベーシックプランとビジネススタンダードプランは、1アプリで利用できる上限ユーザー数が設定されています(ビジネスプロとエンタープライズプランは無制限です)。例えば、ビジネススタンダードの場合1アプリに、75名利用でき、標準で3アプリまで利用できる為、月¥15,000で最大225名が利用できます

ただし、1アプリで225名は利用する事はできません。なお標準アプリ上限数については、ベーシックプランが2つまで、ビジネススタンダードプランは標準は3つですが、月¥5,000で上限2つまで追加可能です。ビジネスプロプランはオプションでいくつでも追加可能です。

お客さまから評価を頂いている「同時多人数編集機能」や「マルチデバイス対応」「プライベートなwiki」「独自ドメイン」は全プランにてご利用頂けます。

ユーザー統合管理機能

GROWI.cloudではユーザー統合管理機能(Keycloak)をマネージドサービスとして提供しています。Keycloakを利用することで、複数GROWIを立ち上げているときのアカウント管理を楽に行うことができます。また、KeycloakはLDAPやActive Directoryとの連携が可能です。社内ですでに運用中の認証基盤を利用したユーザー統合管理を実現できます。

なお、Keycloakはビジネススタンダードプラン以上のご契約でご利用いただけます。

2.主な機能

テキストも図表もどんどん書ける強力な編集機能を備えています。

  • エンジニアの方からの要望が高い文章記述用の言語Markdownでページの作成・編集が可能
  • 多人数リアルタイムで同時編集可能であり、変更履歴は自動で記録。過去の編集履歴も確認可能。
  • 議事録や社内マニュアルなどのドキュメント類の管理にピッタリ合う編集機能が満載
  • チーム拡大に迅速に対応できる管理者向け機能を搭載
  • 特定ユーザーに管理者権限の付与、ユーザーグループごとのページの閲覧権限が可能
  • 充実した機能・サポートでエンタープライズにも対応
  • 多言語対応、操作画面のカスタマイズ対応(英語・日本語・中国語と3言語対応しています)
  • 月額固定制によりプロジェクトの規模の変動にも柔軟に対応可能

3.コスト面

GROWI.cloudはユーザーアカウントが一定数であれば増減してもコストが変わらない月額定額制でご利用頂けます。

使った分だけ課金される従量制は利用者が少ないうち、利用者の増減があまりない企業などにとってはメリットがありますが、利用者が増加傾向にある、利用者の入れ替えが頻繁にある企業にとっては、直接的なコストの増加と合わせて管理面でのコストもかかってしまいます。

その点、月額定額制であれば管理コストからも解放されますし、一定の範囲内でのコストを想定できるため予算を組みやすいという利点があります。会社の規模や社員の増減などを総合的に考えて、従量制か定額制を検討してみるとよいですね。

4.利用者の声

以下では、GROWI.cloudを利用しているお客様の声を一部抜粋します。

  • 複数人で同時に閲覧・編集できるwiki機能を手軽に利用することができる点が良い
  • マークダウン式の記述法は一度慣れてしまえば非常に便利で効率的にドキュメントを増やすことができる。ページの追加も手軽に行うことができ、製品の企画から社内マニュアル、自宅用のwikiなど利用シーンは非常に多い。
  • (GROWI.cloud)は記事にするまでもない、けれどメモだと少し長いし誰かに見てほしい、そんな内容のものを扱ってくれる共有サービス
  • 記事作成ページはMarkdownで記事を書くことができ、VimやEmacsのキーマップをサポートしているのでどんな方でも使いやすいと思う
  • 調べごとを簡単なWikiにしたいけどサイト公開するような代物じゃないって時って感情をGROWIは全てを受け入れてくれる
  • 一度書いた記事はナレッジベースとして会社の重要な資産になる
  • 知り得なかった知識の共有化が行える

5.社内wiki GROWI.cloudをおすすめする理由

ここまでGROWI.cloudの料金プラン、主な機能面、コスト面、利用者の声を見てきました。最後に社内wikiGROWI.cloudのおすすめポイントを振り返りたいと思います。

(1)機能面

・議事録や社内マニュアルなどのドキュメント類の管理にピッタリ合う編集機能が満載

・チーム拡大に迅速に対応できる管理者向け機能を搭載

・充実した機能・サポートでエンタープライズにも対応

(2)コスト面

・ユーザーアカウントが一定数であれば増減してもコストが変わらない月額定額制

少しでもGROWI.cloudに興味をお持ちになりましたら、お問い合わせを頂けると幸いです。

サイト内ジャンプ:価格・アプリの概念説明ページへ移動する