作業効率化!OSSソフトウェア 一覧

2021-08-06

OSSとはオープンソースソフトウェア(Open Source Software)の頭文字を取った略語で、
ソースコードが公開されていて誰でも自由に利用することができるソフトウェアのことです。

OSSを使用することで開発コストを抑えたり、作業を効率化することが出来ます。

OSSについて詳しく知りたい方は、ぜひこちらもあわせて読んでみて下さい。

エンジニアが知っておくべきOSSライセンスの基礎知識

それでは、OSSソフトウェアを種類別にご紹介していきます。

プログラミング 

多くのプログラミング言語もOSSとして提供されています。

Python

Pythonは、カスタムソフトウェア開発者が使用する一般的なプログラミング言語です。

IEEEによると、2019年に最も人気のあった言語でした。使い方も簡単なので、たくさんの開発者に使用されています。

PHP

PHPは、Webサイトやその他のデジタルプラットフォームの作成に使用されるソフトウェア開発言語です。

高速で柔軟性があり、SlackやSpotifyなど世界中で人気のあるWebサイトで使用されています。

Ruby

Rubyは、日本で開発されたプログラミング言語です。

Webサイト制作、ショッピングサイト構築、SNS開発などさまざまなことが出来ます。また、クックパッドや食べログなどでは、Rubyによるウェブページを作成しています。

なでしこ  

なでしこは日本で開発され、日本語で書くことのできるプログラミング言語です。

ファイル処理・画像処理・ネットワーク・Word/Excel連携・ 文字列処理など、日々の定型作業を自動化するための便利な 命令をたくさん備えています。(その数1000以上)

文法が単純で敷居が低く、さらに日本語の語順で書くので、これからプログラミングを学ぶ方に最適の教材であるともいえます。

高専、短大、専門学校の授業、社員教育に活用されています。

動画 

動画編集ツール、動画配信機能、 さらに多形式に対応したマルチメディアプレイヤー もOSSとして提供されています。

Kaltura 

Kalturaは、動画の配信・録画・編集・管理・視聴分析まで、動画コンテンツのあらゆる機能が集約された統合動画プラットフォームです。

WordPress用のプラグインが提供されていたり、Moodleとも連携が可能です。

学習動画配信・一般動画配信・ウェブコンテンツに動画を挿入することなどが出来ます。

Blender 

Blenderは、統合型3DCGソフトウェアで、3Dモデリング・モーショングラフィックス・アニメーション・シミュレーション・レンダリング・デジタル合成 (コンポジット)などの機能を備えています。

Blenderは人気のツールであるため、インターネット上にたくさんのチュートリアルが公開されています。そのため、初心者でも調べながら使いやすいというのがメリットです。

また、日本語に対応しているのも特徴です。

Shotcut 

Shotcutは、高機能な動画編集ソフトです。4K 動画の編集や、複数ファイルの連結・合成 等々の処理にも対応しています。

また、動画ファイルを編集できるだけではなく、複数の 動画 / 画像 / 音声ファイル をタイムラインに読み込み、それらを連結したり合成したりして一つの動画ファイルを作成することもできます。

さらに、複数のフォーマットに対応していることもShotcutの特徴です。 BMP・GIF・JPEG・PNG・SVG・TGA・TIFF・WebP・ 4K動画などのファイル形式に対応しています。

VLC Media Player

VLC media playerは多形式に対応したマルチメディアプレイヤーです。

一般的に使われているほとんどのメディアファイルを、標準の状態で再生することができます。


指定した区間をリピート再生する機能や、再生速度を変更する機能、お気に入りのファイル等を登録することができる “ ライブラリ ”、映像 / 音声 / 字幕トラック の切り替え・色調補正・回転 / 反転・デブロッキング・サラウンドエフェクト(ヘッドフォン用)・ノーマライズ・イコライザー・音ズレ補正・静止画キャプチャ 等の機能が付いています。

チャット機能

Rocket.Chat 

Rocket.Chatとは、オープンソースソフトウェアのウェブチャットサーバです。

インターネット上で提供されているSlackのようなチャットサービスを、プライベートな独自のプラットフォーム上で構築することができます。

アカウント管理をLDAPやActiceDirectoryで行っている場合、既存のアカウント管理システムと連携してRocket.Chatにログインできます。

また、用途に応じたチャットルームを作成することができます。

  • 公開チャットルーム/誰でも利用登録ができるチャットルーム
  • 限定公開チャットルーム/管理者が招待したユーザだけが利用登録できるチャットルーム
  • 非公開チャットルーム/管理者が登録したユーザだけが利用できるチャットルーム

スマートフォンなどの端末からでも、チャットルームの会話を確認、返信可能です。

グラフィック

グラフ描画ソフト を使えばグラフやカラーマップを簡単に作成できます。

Samurai Graph

Samurai Graph は高機能かつユーザフレンドリーなグラフ描画ソフトです。 スカラー型もしくはベクトル型の2次元データをグラフに描画することができます。

Javaベースのアプリケーションなので、幅広い環境で利用できておすすめです。

スカラー型・ベクトル型のデータを2次元のグラフや疑似カラーマップとして描画でき、画像ファイルとして書き出せるのが特徴です。軸目盛や数字のスケール幅などが、用途に応じて自由にカスタマイズできます。

写真 

GIMP

GIMPはさまざまなフィルターやエフェクトなどを使用することが出来る写真編集ツールです。  

レイヤー機能はもちろんのこと、エフェクトやブラシなども豊富に揃えており、高価な有償グラフィックソフトにも引けをとらない多機能性が魅力です。

WindowsやLinuxを含む複数のプラットフォームで利用でき、さまざまな3Dパーティプラグインとカスタマイズオプションもあります。 

多くのイラストレーター、グラフィックデザイナー、写真家に使用されています。

CMS(コンテンツマネジメントシステム) 

WordPress

WordPressは、世界で圧倒的なシェアを獲得している無料で使えるブログソフトです。

WordPress自体にブログとしての機能やページを更新するための仕組みが組み込まれているため、プログラミングの知識が無くても簡単にサイトを作成・更新出来ます。

デザインプレートが豊富でカスタマイズ機能が充実しているのも特徴です。

baserCMS

baserCMSは、国産のCMS(Contents Mangement System)です。

CMSとは、ホームページ制作に関する知識がなくてもWEBサイトあるいはブログの構築・管理が行えるサービスのことです。

また、クラウド型Web脆弱性診断ツール「VAddy」による脆弱性診断をクリアしているので、セキュリティとメンテナンス性が高いというのも特徴です。

さらに、日本語が管理画面の標準になっていてストレスなく操作できます。「コンテンツ一覧」画面では、サイト構造をツリー形式で表示してくれるため、視覚的にページ同士のつながりを確認することができます。

EC-CUBE 

ECサイトの運営や管理に特化したCMS(コンテンツマネジメントシステム)です。

EC-CUBEは、日本発で、シェアは国内NO.1のオープンソースのソフトウェアです。(第3回オープンソースソフトウェア活用ビジネス実態調査) 

大手ECパッケージは多くの場合有料ですが、EC-CUBEは無料で使用できます。改変も自由なので、カスタマイズやプラグインの導入によって、定期購入やBtoBサイト・オンライン予約など、様々な販売形態にも対応できます。

数多くの企業が利用しており、信頼性が高いのが特徴です。

オフィス

LibreOffice 

LibreOfficeは、プレゼンテーション・ドキュメント・スプレッドシート・データベースを提供するオフィススイート製品です。

Microsoft Office と互換性があり、Word・Excel・PowerPointで作成したファイルを開封・編集・保存できます。また、同等の機能を持っていますがMicrosoftOfficeとは異なり、LibreOfficeは完全に無料です。

Sugar CRM 

SugarCRMは、米国のSugarCRM社が開発したCRM(顧客関係管理)の代表的なソフトウェアです。無償のコミュニティ版は、世界中で1000万以上もダウンロードされています。

営業管理・顧客サポートサービス・マーケティング管理・グループウェア・システム管理機能などの分野の一部がオープンソースとなっています。

顧客管理の効率化におすすめです。

Web会議システム

BigBlueButton 

BigBlueButtonは、オープンソースソフトウェアのWeb会議システムです。BBBとも呼ばれており、ウェブブラウザを使用して、オンラインでのWeb会議を実現することができます。

PDF形式のプレゼンテーション資料の共有や、モデレーター(主催者・運営・操作)、プレゼンター(セミナーで実際に話す人)、ユーザー(視聴者)などの役割や権限をわけることもできます。

また、HTML5対応なのでスマホやタブレットでも使用可能です。

さらに、Web会議システムとしての機能に加え、プレゼンテーションの共有や録画機能などの機能があり、オンラインでの企業説明会や企業セミナー、学生に向けてオンライン授業を開催したりなど、様々な用途での利用が可能です。

Jitsi Meet

Jitsi Meet とは、Jitsiプロジェクトがオープンソースで開発しているビデオ会議システムです。

機能はGoogle MeetやMicrosoft Teams、Zoomと同じですが、異なる点はアカウントを作る必要がなく、さらに完全無料で使用できることです。

また、コンピューターにクライアントソフトをインストールしたりする必要はなく、ウェブブラウザやスマートフォンからセキュアなビデオチャットが利用可能です。

便利機能

embulk

Embulkは、さまざまなストレージ・データベース・NoSQL・クラウドサービス間のデータ転送を支援する並列バルクデータローダーです。

Embulkには以下のような機能があります。

  • 入力ファイルフォーマットの自動推測
  • 巨大なデータセットを扱うための並列・分散実行
  • All or Nothingを保証するトランザクション制御
  • 再開機能
  • RubyGems.orgでのPluginの提供

Linux 

Linuxは,WindowsやMacと同じOSの1つで、主にサーバーやシステム開発の構築に利用されています。

無料で使用できるのに加え、カスタマイズも可能で個人・企業問わず人気です。

安全性が高く、優れたコミュニティサポートがあるのも特徴です。

Chainer 

Chainerは、日本製の深層学習フレームワークです。ニューラルネットワークをPythonで柔軟に記述し、学習させることができます。

画像分類・物体検出・セグメンテーション・線画自動着色サービスといった機能を使えます。

また、開発元が日本企業であるため日本語に対応しています。英語が苦手な人でも安心です。

scikit-learn 

scikit-learnは、オープンソースの機械学習ライブラリです。

Numpy、SciPy、matplotlibといったPythonのライブラリ上で動作し、scikit-learnを使えば、誰でも手軽に機械学習の前処理やモデリング、評価指標の算出などを行うことができます。

scikit-learn は機械学習を行うにあたって有用なアルゴリズムが数多く実装されています。

さらに、機械学習のチュートリアル用に用意されている様々なデータセットが付属しているため、はじめて機械学習を学ぶプログラマにはうってつけのライブラリとなっています。

まとめ

OSSソフトウェアを種類別にご紹介しました。

数多くのオープンソースがあるのでその特徴やメリットを知って、必要なものをぜひ取り入れていきましょう。

導入が簡単な物も多く、すぐに使い始められます。OSSを使えば作業や業務の効率をアップ出来ます!