ナレッジベースで知識をデータ化しよう

ナレッジベースとは

ナレッジベースは知識をデータベース化し、集合させたものを指します。
上記から、ナレッジベースは社外・社内の情報の垣根はないため、顧客情報のテキストマイニングやビッグデータ解析などもナレッジベースとなりますし、社内wikiなどの社内情報を共有するツールもナレッジベースと言われています。

なぜナレッジベースが注目されているのか

ナレッジベースが注目されている理由として以下になります。

  1. 機械学習の発達
  2. インフラコストが低減してきた
  3. コロナによる世界的なリモートワークが加速

準に解説します。

機械学習の発達

テキストマイニングやデータマイニングの技術が発達したことにより、教師データの精製が容易になってきています。
それに伴い、ディープラーニングなどの機械学習の手法が発達し、今まで対応できなかった、データの可視化や分析が容易になってきました。

その為、それを顧客向けのマーケティングに利用しようと言う動きが活発化し、ナレッジベースの1つのテキストマイニングなどが注目されています。

インフラコストが低減してきた

技術発展により、各種サーバーそのもののコストが低減し、クラウドコンピューティングも発達したことにより、利用時間だけ課金するサービスが拡大してきました。

それに伴い、新規サービス開発が容易になってきましたので、BtoBでも社内・社外情報を解析し、結果を分かりやすく常時するサービスも多数提供されています。

コロナによる世界的なリモートワークが加速

新型コロナウイルスの感染が拡大し、世界的にリモートワークが加速していきました。
これにより、今までできた口頭での伝達や、タバコ部屋などの暗黙・非公式のMTGなどが消滅し、テキストによる非同期のコミュニケーションの必要性が発生しました。

これにより、テキストでの情報共有の必要性が急上昇し、社内情報を共有する、グループウェアや社内wikiなどのナレッジベースが導入され始めています。

ナレッジベースで知識をデータ化しよう

上記で解説した通り、ナレッジベースは近年注目されていますが、実際に導入しようとなると
ナレッジベースを指すツールは複数あり、社外・社内の情報をデータ化したいかにもよって用途が変わってきます。

例えば

社外情報なら、テキストマイニングツールやデータマイニングツール

社内なら、社内wikiやグループウェアが該当します。

社外・社内によって用途もツールも変わってきますので、ご注意ください。

以下から社内wikiのGROWI.cloudの紹介を行います

社内wikiのGROWI.cloudの紹介

GROWI.cloudWESEEKが開発した
社内wikiツールです。

プライベートクラウドなどのオンプレ環境にも対応可能で
GROWI.cloudは以下のような特徴があり、中小〜大手企業まで幅広く導入をいただいています。

GROWI.cloudの特徴

  1. 多人数同時編集・リアルタイム編集可
  2. マークダウン形式・図表やテーブル表記など自由自在に編集
  3. 変更履歴を自動記録し、過去の編集履歴も確認可
  4. 特定ユーザーに管理者権限の付与、ユーザーグループごとのページの閲覧権限が可能
  5. 月額固定制
  6. LDAP/OAuth/SAMLを利用して、効率的なユーザー管理を行う事が可能
  7. 多彩なバックアップ制度

特に操作画面上で、テキストではなく、図表やテーブル形式の変種も可能である点、多人数同時編集、月額固定制の部分は多くの企業から好評をいただいています。

GROWI.cloudの導入事例

開示可能な導入事例は以下になります。

上記を含めて様々な大手・中小企業が利用されています。

まとめ

上記で解説したとおり、ナレッジベースは知識のデータベース化に役立てる事が可能ですが、実際の問題に沿った用途で利用できるようしっかり選定を行う必要があるので、ご注意ください