社内wikiツールでGROWI.cloudをおすすめする理由

社内wikiとは

社内wikiとは、一言で表すと「社内版Wikipedia」です。

社内に溢れている情報や知識を蓄積を管理し、社内wikiを活用してその情報や知識を参照することで情報が属人化を防ぐすることを防ぎます。

これまで、「この業務○○さんに聞かないと進められないな」「会議の内容再確認したいから○○先輩に聞こう」など人に聞かないといけないけど、誰に聞いた良いかに悩む時間や、そもそも人に聞く時間を割かなければいかず効率的に業務ができてないなと感じてきた方は少なからずいらっしゃるでしょう。

そんな情報の属人化によって起こる悩みを解決してくれるのが社内wikiなんです。

社内wikiツールを選ぶ時におさえておくべきポイント

社内wikiを導入することで様々なメリットを得ることができます。
メリットについて詳しくはこちらの記事で解説しています。
社内情報共有ツールのメリット・デメリット

そんな社内wikiツールの選定の際に押さえておくべきポイントをご紹介します。主なポイントとしては、以下の5点が挙げられます。

  1. 導入の目的・利用用途は明確か
  2. 社内wikiでの情報の検索はしやすいか
  3. ツールとして使いやすいか
  4. 利用人数(社内規模)にあった料金体系が提供されているか
  5. セキュリティ対策が行えるかどうか

導入の目的・利用用途は明確か

社内wikiには、社内マニュアルや議事録などドキュメント類の管理を得意とする面や、業務に必要な情報や知識を豊富に抱えている社員のアウトプットを蓄積することを得意とする面があります。

自社が今情報の管理において抱えている問題は何なのか、その解決こそが社内wiki導入の目的となるところでしょう。

社内wikiの導入の目的を明確にすることで利用用途が確立され導入後の社内への浸透もスムーズに進めやすくなるでしょう。

社内wikiでの情報の検索はしやすいか

社内wiki導入の一番のメリットは、情報の属人化を防ぎ「まずは社内wikiで情報を検索する」という文化を構築しやすくしてくれることでしょう。

「まずは社内wikiで情報を検索する」という文化を構築することで、人に聞く時間を削減することができ日々の業務を効率よく進めることができます。
その文化を構築するためには、業務に必要な情報や知識を素早く入手できる社内wikiの導入が必須事項です。

そして、業務に必要な情報や知識を素早く入手できる社内wikiを選ぶには、「情報を検索しやすいか」を重要視する必要があります。

ツールとして使いやすいか

社内wikiは、継続的に活用し情報や知識を蓄積・更新していくことで価値が高まるツールです。

そのため、ITツールの活用に慣れてない人でも継続的に使いこなせる「簡単操作で使いやすいツール」を選ぶ必要があります。

社内wikiツールの中には、特定の期間無料でトライアルすることができるツールもあり実際に触れてみてその使用感を確かめることができるものあるので、是非チェックしてみてください。

利用人数(社内規模)にあった料金体系が提供されているか

社内wikiツールは開発元によって様々な料金体系で提供されています。

主な料金体系としては以下の2点でしょう。

  1. 1ユーザー毎の料金で販売
  2. プラン毎に月額固定の料金で販売

どちらにもメリット・デメリットがあり、導入する社内や部署の規模に応じた料金体系で社内wikiを選ぶようにしましょう。

例えば、人員の流動が激しい会社や社内のプロジェクトには人数によって費用に変化が起きにくい月額固定制の社内wikiツールを選ぶとよいでしょう

セキュリティ対策が行えるかどうか

セキュリティ対策が行えるかどうかも重視するべき点でしょう。

自社で持っているセキュリティチェックシートを導入先の企業に記載してもらう、セキュリティ対策用のオプションがつけられるか確認する等で導入する社内wikiにセキュリティ対策が行えるかどうかチェックすることができます。

情報の漏洩などを防ぐためにも、セキュリティ対策は確認しておきましょう。

社内wiki GROWI.cloudをおすすめする理由

これまで社内wikiの概要と導入の際の押さえておくべきポイントを見てきました。
このセクションではおすすめの社内wiki GROWI.cloudについて紹介いたします。

GROWI.cloud株式会社WESEEKが開発した社内wikiです。

エンジニアの方には渇望されるであろう文章記述用の言語Markdownでページの作成・編集が可能なほか、月額固定制によるプロジェクトの規模の変動にも柔軟に対応できるサービスです。

社内wiki GROWI.cloud をおすすめする理由

  1. 議事録や社内マニュアルなどのドキュメント類の管理にピッタリな編集機能満載
    • 多人数同時編集・リアルタイム編集可
    • マークダウン形式・図表やテーブル表記など自由自在に編集
    • 変更履歴を自動記録し、過去の編集履歴も確認可
    • ファイル・テキストなどの全文検索
  2. チーム拡大に迅速に対応できる管理者向け機能搭載
    • 特定ユーザーに管理者権限の付与、ユーザーグループごとのページの閲覧権限が可能
    • 月額固定制
    • LDAP/OAuth/SAMLを利用して、効率的なユーザー管理を行う事が可能
  3. 充実した機能・サポートでエンタープライズにも対応
    • プライベートクラウドを利用する事によりオンプレ対応可
    • IPアドレスフィルタリングやシングルサインオン対応可
    • 多彩なバックアップ制度

まとめ

情報の属人化を防ぎ日々の業務の効率化の手助けとなる社内wikiの概要と選定の際の押さえておくべきポイントを見てきました。

社内wikiツール選定ポイントは以下の通りでした。

  1. 導入の目的・利用用途は明確か
  2. 社内wikiでの情報の検索はしやすいか
  3. ツールとして使いやすいか
  4. 利用人数(社内規模)にあった料金体系が提供されているか
  5. セキュリティ対策が行えるかどうか

おすすめの社内wikiツールはGROWI.cloudでした。

是非、GROWI.cloudの導入を検討してみてはいかがでしょうか?